ここから本文です

ストレイテナー、新作を6分に凝縮! 360°全方位カメラで撮影したダイジェスト公開

RO69(アールオーロック) 5月11日(水)12時13分配信

ストレイテナーが、2016年5月18日(水)に発売するアルバム『COLD DISC』の全曲ダイジェスト映像「360°全方位動画」をYouTubeに公開した。

アルバム『COLD DISC』全曲ダイジェスト映像はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=qEXGVK9iqz8

ダイジェスト映像は、約6分にまとめた『COLD DISC』のダイジェスト音源に合わせた演奏シーンを、360°全方位カメラで「一発撮り」撮影。普段見ることが出来ないメンバー並びで、360°全方位カメラならではのさまざまなシーンが楽しめる映像が完成した。

また、 ストレイテナーは、同アルバム発売後2016年6月9日(木)の恵比寿LIQUIDROOMから全国ツアー「Step Into My World TOUR」をスタートし、夏フェス出演も続々決定している。

リリースとツアーの詳細は以下の通り。

●リリース情報
『COLD DISC』
2016年5月18日(水)発売
・初回限定盤【CD+DVD】:TYCT- 69101 ¥3,600(税抜)初回限定デジパック仕様
・通常盤【CDのみ】:TYCT- 60080 ¥2,800(税抜)
【CD】(初回限定盤、通常盤共通)
1.原色(2016年夏公開 映画「U-31」主題歌)
2.シーグラス(2016年4月20日発売シングル)
3.Curtain Falls(2015年7月15日発売シングルカップリング)
4.Alternative Dancer
5.Dark City
6.DAY TO DAY(2015年11月11日発売シングル)
7.NO ~命の跡に咲いた花~(2015年7月15日発売シングル)
8.The Place Has No Name(2015年4月22日発売シングル)
9.Goodnight, Liar Bird
10.Force
11.覚星(2015年4月22日発売シングルカップリング)
【DVD】(初回限定盤のみ付属)
『EMOTION PICTURE SOUNDTRACK 4』
・ミュージックビデオ 全7曲収録
“Super Magical Illusion”(2014年6月25日発売シングル)
“冬の太陽”(2014年9月17日発売シングル)
“The World Record”(2014年9月17日発売シングル)
“The Place Has No Name”(2015年4月22日発売シングル)
“NO ~命の跡に咲いた花~”(2015年7月15日発売シングル)
“DAY TO DAY”(2015年11月11日発売シングル)
“シーグラス”(2016年4月20日発売シングル)
初回封入特典(初回限定盤、通常盤共通):
全国ツアー「Step Into My World TOUR」チケット先行予約受付 フライヤー封入

■全国ツアー「Step Into My World TOUR」
2016年6月9日(木) LIQUIDROOM
2016年6月11日(土)長崎DRUM Be-7
2016年6月12日(日)大分DRUM Be-0
2016年6月14日(火)大阪BIG CAT
2016年6月16日(木)松山W Studio RED
2016年6月23日(木)松本Sound Hall a.C
2016年6月25日(土)郡山CLUB#9
2016年6月29日(水)松江canova
2016年6月30日(木)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2016年7月2日(土) 浜松 Live House窓枠
2016年7月9日(土) 旭川CASINO DRIVE
2016年7月10日(日)函館club COCOA
2016年7月13日(水)高崎club FLEEZ
2016年7月15日(金)秋田Club SWINDLE
2016年9月23日(金)Zepp Nagoya
2016年9月24日(土)広島クラブクアトロ
2016年9月29日(木)品川ステラボール
2016年10月1日(土)新潟LOTS
2016年10月2日(日)金沢EIGHT HALL
2016年10月8日(土)仙台Rensa
2016年10月10日(月祝)札幌ペニーレーン24
2016年10月15日(土)熊本B.9 V1
2016年10月16日(日)福岡DRUM LOGOS
2016年10月22日(土)桜坂セントラル
2016年11月4日(金)NHK大阪ホール
2016年11月10日(木)昭和女子大学人見記念講堂

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月11日(水)12時13分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。