ここから本文です

フジファブリック・山内総一郎、歓喜! フェンダー社とエンドースメント契約締結

RO69(アールオーロック) 5月11日(水)18時0分配信

フジファブリックの山内総一郎(ギター&ボーカル)が、フェンダーミュージック株式会社(以下フェンダー社)とエンドースメント契約を結んだことが明らかになった。

山内は、1954年にフェンダー社が開発したストラトキャスターをはじめ、さまざまなフェンダー製品を愛用しており、昨年4月にはフェンダーギタークラフトの最高峰、マスタービルダーのジェイソン・スミスによって本人用に特別なストラトキャスターが製作された。今回のエンドースメント契約を機に、フェンダー社は山内のアーティスト活動を全面的にサポートしていき、山内もアンバサダーとして活動していく。

これまでにフェンダー社とエンドースメント契約を結んだ日本人ギタリストは、Char、Ken(L'Arc~en~Ciel)、INORAN(LUNA SEA)、TAXMAN(THE BAWDIES)など。今回の契約について、山内総一郎とフェンダー社代表Edward Coleから以下のコメントが届いている。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
◆山内総一郎のコメント
初めて買ったギターはフェンダーのストラトキャスター
今弾いているギターもフェンダーのストラトキャスター
フェンダーのギターをずっと弾いてきてよかった。
この素晴らしい出来事を糧に、これからも歩みを止めることなく
フェンダーのギターで魂の籠った音楽を届けていきたいです。

山内総一郎(フジファブリック)


◆フェンダー社代表Edward Coleのコメント
山内総一郎という素晴らしいギタリストをフェンダーファミリーに迎えることができて光栄です。
彼はフェンダーの楽器や歴史はもちろん、現在のスタッフやクラフトマンといったフェンダーチームを愛してくれています。
歩みをともにすることで、多くの人たちに"楽器をプレイする”ということの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

フェンダーミュージック株式会社
代表取締役社長 エドワード・コール
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

なお、フジファブリックは本日ニューシングル『ポラリス』を発売した。このレコーディングでもフェンダー社ストラトキャスターが使用されている。

リリースの詳細は以下の通り。

●リリース情報
シングル『ポラリス』
発売中
TVアニメ『マギ シンドバッドの冒険』エンディングテーマ

<リリース形態>
・初回生産限定盤 CD+DVD AICL3099-3100 ¥1,500(tax out)
・通常盤 CD AICL3101 ¥1,000(tax out)
・期間限定盤CD+DVD AICL3102-3103 (tax out)1,300(tax out)
※期間限定盤は『マギ シンドバッドの冒険』描き下ろしスペシャルパッケージ仕様

<収録曲>
1.ポラリス(作詞・作曲:金澤ダイスケ) 
2.PRAYER(作詞・作曲:山内総一郎)
※初回生産限定盤:レコーディングドキュメント収録
※期間限定盤:ポラリス(TV edit)・『マギ シンドバッドの冒険』エンディングノンテロップ映像収録

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月11日(水)18時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。