ここから本文です

多摩産材で作った、東京生まれ&東京育ちのこども家具〈made in 東京〉

Webマガジン コロカル 5月11日(水)20時24分配信

コロカルニュースvol.1675

こどもが使う家具だから、安心・安全な素材にこだわりたい。このたび、東京の保育施設向け家具ブランド〈 CoFa(コッファ)〉から東京産の木材、“多摩産材”を使ったシンプルなデザインのこども用家具シリーズ〈made in 東京〉が登場しました。

【写真ギャラリーで見る】多摩産材で作った、東京生まれ&東京育ちのこども家具〈made in 東京〉

〈made in 東京〉で使っているのは、多摩地域で生育し、生産された、スギ・ヒノキの集成材。東京の森林を保全するための間伐から生まれたエコ素材です。

小さなこどもたちが使うものなので塗装はせず、天然のオイルや蜜蝋ワックスで仕上げています。スギ・ヒノキの柔らかい木質を活かしたやさしい肌触りや調湿性が特徴。製造は東京都あきる野市の家具工房で行われており、まさに東京生まれ・東京育ちの家具です。

価格は、ヒノキのチェアが21,800円、ヒノキのスツールが14,800円、ヒノキのスクエアチェアが17,800円。ほか、ヒノキのテーブル(79,800円)や、スギで作られた〈すぎのこチェア〉(17,200円)など、2~5歳児用のイス・テーブルがラインナップしています(いずれも税抜価格)。

今後は収納家具や、和をテーマにしたロフトなど、多数の新製品が発表される予定。購入に関してなど、お問い合わせは〈CoFa〉公式サイトより。


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:5月11日(水)20時24分

Webマガジン コロカル