ここから本文です

グライペルがジロ・デ・イタリア第5ステージ優勝…デュムランが首位堅持

CycleStyle 5月12日(木)9時45分配信

第99回ジロ・デ・イタリアは5月11日、プライアアマーレ~ベネベント間の233kmで第5ステージが行われ、ロット・スーダルのアンドレ・グライペル(ドイツ)がゴール勝負を制して優勝した。

他の写真を見る

グライペルは大会通算4勝目。ドイツ勢としてはマルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)と往年の名選手ルディ・アルティグに大会の区間勝利数で並んだ。また、この日の勝利で2008年から続くグランツールの区間優勝達成を9年連続に伸ばした。この大会ですでに2勝を挙げているキッテルは、終盤のハイペースに着いていけずに脱落。ゴール勝負に加われなかった。

「スタートからゴールまでハードなステージだった。チームメートのユルゲン・ルーランツが残り5kmから1.5kmまで先頭を引っ張っていい仕事をしてくれた。だからあとはボクが勝つしかないと思った。もう若くはないが、キャリアの最後まで全力を尽くすつもりだ」とグライペル。

総合成績ではジャイアント・アルペシンのトム・デュムラン(オランダ)が4秒遅れの大集団の中でゴール。前日までの貯金を利して首位を守った。アスタナのビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)は26秒遅れの総合6位。モビスターのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)は27秒遅れの総合7位。スカイのミケル・ランダ(スペイン)は47秒遅れの総合16位。

NIPPOビーニファンティーニの山本元喜は3分51秒遅れの154位でゴール。総合成績は前日の190位から184位に。首位とのタイム差は29分09秒。

最終更新:5月12日(木)9時45分

CycleStyle