ここから本文です

藤巻亮太 アニメ『エンドライド』の世界とシンクロしたエンディング曲/インタビュー

エキサイトミュージック 5月12日(木)7時15分配信

 
■藤巻亮太/配信 Single『go my way』インタビュー(2)

3月に前作より3年半ぶりとなるアルバム『日日是好日』を発表したばかりの藤巻亮太が、早くも新曲「go my way」を5月11日に配信リリースする。今作はアニメ『エンドライド』(日本テレビ系)のエンディングテーマに起用されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「(楽曲提供のオファーを受けて)何曲か候補曲を出させてもらった中で、この曲を一番気に入ってくださって、ありがたいことに『(アニメの世界に)ピッタリだ』とおっしゃっていただいたんです。『エンドライド』は少年二人が異次元と行き来しながら描かれる、“成長の物語”だと思うんですよ。成長していくということは、歩んできた道や現実を受け入れるという大変なことを伴っていて。そして、それを受け入れた先にまた一歩進んでいくというテーマが、『go my way』で書かれている世界とシンクロする部分があるし、<昨日までの自分を追いこして>というキーワードがこのアニメにはすごくハマッているんじゃないかな?と思います」

現在、藤巻亮太はアルバム『日日是好日』を引っ提げた全国ツアー【藤巻亮太 TOUR 2016 ~春祭編~】を開催中だ。
(取材/大前多恵、構成/編集部)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:5月13日(金)6時45分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。