ここから本文です

富士重「ボクサーエンジン」発売50年、今年記念特別車リリース相次ぐ。まず第一弾

エコノミックニュース 5月12日(木)7時7分配信

 富士重工業が同社のスバル車コアテクノロジーとして採用してきた水平対向(ボクサー)エンジンが、このたび発売50周年を迎える。

 スバル水平対向エンジンは、1966年5月14日に発売した小型乗用車「スバル1000」への初搭載以来、50年にわたり改良を重ねてきた。現在、富士重工業が生産するすべてのスバル車が水平対向エンジンを搭載しており、その累計生産台数は1600万台に達する。

 水平対向エンジンは、ピストンが左右に向き合う形で配置され、対向するピストンが互いに慣性力を打ち消し合うため、低振動で回転バランスに優れ、高回転域まで滑らかに吹き上がるフィーリングが得られやすい。またエンジン全高が低く、車体の低重心化にも貢献する。そのため高い走行安定性やハンドリング性能にも寄与するとされる。

 富士重は、水平対向エンジンにAWD(All Wheel Drive)を組み合わせたシンメトリカルAWDをほぼ全車種に搭載。AWDが本来持つ優れた走行安定性や走破性に加え、左右対称のパワートレーンがもたらす重量バランスの良さとの相乗効果によって、安定した高速走行と俊敏なコーナリングを実現。スバルの安全思想と走る愉しさを支える中核技術となっている。

 富士重工業のブランドステートメント“Confidence in Motion”を通じ、魅力ある「確かなクルマづくり」を貫くという。

 その「ボクサーエンジン50年」を記念した特別記念車の第一弾として、コンパクトな同社のクロスオーバーであるXVに「2.0i EyeSight Proud Edition」を設定し、2016年5月31日より発売する。

 この特別仕様車は、2リッターボクサーエンジン搭載車「2.0i EyeSight」をベースに上級装備を付加したモデル。メッキ加飾付ピアノブラック調フロントグリルやブラックカラードドアミラーを装備し、スタイリングを引き締め、上質でスタイリッシュなデザインとした。

 また、室内装備として運転席&助手席8 ウェイパワーシートやキーレスアクセス&プッシュスタートなど、上級グレードでしか選択できない使い勝手が良い快適装備を採用。専用デザインによる質感の向上と充実した装備を採用しながら、リーズナブルな価格の特別仕様車だ。価格は246万2400円。

Economic News

最終更新:5月12日(木)7時7分

エコノミックニュース