ここから本文です

ロバート秋山、高畑淳子の「セクシーな写真撮りたい」息子・裕太にアプローチ!

Movie Walker 5月12日(木)17時10分配信

ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作『ヘイル、シーザー!』(5月13日公開)の公開アフレコイベントが5月12日に都内で開催され、高畑裕太と秋山竜次(ロバート)が出席。熟女好きとして知られる秋山が、「お母さんの写真を撮りたい」と裕太の母、女優・高畑淳子へ熱烈アプローチした。

【写真を見る】ロバート秋山、怒鳴り散らして高畑裕太に演技指導!「イラっとする顔をしている」

本作は1950年代のハリウッドを舞台に、スター俳優の誘拐事件を巡る騒動を描くコミカルなサスペンス。この日は、劇場モニターや公式サイトなどで流れる予告編の公開アフレコを実施。演技がどヘタな若手俳優ホビー(アルデン・エーレンライク)に、映画監督ローレンス(レイフ・ファインズ)が演技指導をする爆笑シーンの吹き替えにトライした。

どヘタ俳優役の高畑は激しい訛りを交えてセリフを繰り出し、監督役の秋山が彼に演技指導。ボケまくる高畑に対して、秋山は「ふざけてんだろ!」「帰れ!」と監督として怒鳴り散らすなど、ハチャメチャなコンビネーションで会場を笑わせた。

映画イベントが初めてという高畑は、「映画自体に関わることが初めてで、光栄です。めちゃくちゃ緊張しました」と汗をかくことしきり。この日のイベントについて高畑は「マイナス50点」と厳しい自己評価を下したものの、秋山は「100点!」と高畑との掛け合いに大満足の表情。「ちょっとイラッとする顔をしているんですよね。本当にからかっているような顔をする。絶妙な顔ですよ」と微妙な褒め言葉を投げかけていた。

また、司会から「演技指導してみたい人はいる?」と聞かれると秋山は、「熟女好きですから、高畑君のお母さんはやってみたいですね。演技というか、ちょっとセクシーなビキニとか着てもらって写真を撮ってみたい」とアプローチした。高畑は「今、彼氏いないんでいいですよ」と快諾しつつ、「たるんでますよ。しおれたヤシの実みたいですよ」と母の体についてコメント。秋山は「それがいいんだよ!」とニヤリ顔を見せていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:5月12日(木)17時30分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。