ここから本文です

阿部サダヲ、『殿、利息でござる!』で役作りならぬ顔作り

Movie Walker 5月12日(木)17時12分配信

『奇跡のリンゴ』(13)の阿部サダヲ主演×中村義洋監督コンビが、「武士の家計簿」の磯田道史の近著「無私の日本人」を映画化。タイトル『殿、利息でござる!』(5月14日公開)が物語るとおり、江戸時代に千両もの大金を藩に貸し付け、その利息で寂れた宿場町を復活させたという、感動の実話を映画化した時代劇だ。阿部サダヲにインタビューし、中村組の現場について話を聞いた。

【写真を見る】時代劇初挑戦の竹内結子が可憐!

阿部が演じるのは、町の復興のために仲間と奇策に挑む造り酒屋の穀田屋十三郎役。「最初、実話だと聞いてから脚本を読んだのですが、江戸時代にこんなに格好いい人たちがいたんだと驚きました。十三郎が主人公ではありますが、実はそんなに出づっぱりではないし、控え目で良いなあと。監督からは『生きる』(52)の志村喬みたいに、ずっと目がギラギラしている感じで、と指導を受けました。役作りというか顔作りですが(苦笑)」。

千両といえば、現在の貨幣価値で3億円に当たる大金だ。十三郎たちは、必死に賛同を得られる仲間を探し、金集めに奔走する。「笑えるくらい真面目、不器用すぎて笑っちゃうみたいなところを出したかったです。本気でやらないとお客さんは笑えないと思ったので。コメディは、宮藤(官九郎)さんの作品などでいろいろと出演してきましたが、こういう形で笑わせる作品は初めてだったので、面白かったです」。

良くできた弟・浅野屋甚内役の妻夫木聡については、芝居の説得力が素晴らしかったと言う。「妻夫木くんは若い頃から知っていますが、主演の作品もたくさんやっているし、大人になったなと思いました。きっと自信もついていると思うけど、すごく良かったですね。僕は大きめのトーンで行くけど、妻夫木くんは静かなんです。中村監督と組むのは初めてだったようですが、監督もイメージにパシッと合ったとおっしゃっていました」。

本作には、阿部、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平など、中村監督が多大な信頼を寄せる豪華メンバーが集結した。ちなみに、ナレーターも常連俳優の濱田岳だ。「やっぱり中村監督作だからオファーを受けたという人は多いと思います。竹内さんも何も内容を知らなかったけど、『今度一緒にやろう』と言われて二つ返事で受けたと言っていました。やっぱり、すごく信頼されている監督なんだなと」。

また、中村監督自身で脚本を書けるという点がとても心強いそうだ。「説得力があるんです。ここはこういう気持ちなんだろうなと、監督自身がお芝居をしながら書いているらしいです。西村(雅彦)さんの役は、大滝秀治さんのイメージだったそうですが、セリフの言い回しが似ていますよね。まさかあんなふうに来るとは思わなかったです(笑)」。

意外性のあるキャスティングも絶妙だったと言う。「肝煎(キモイリ)が寺脇康文さんで、その上の大肝煎はもっと年配の方になるだろうと想像していたのですが、千葉雄大くんで。千葉くんは普段から控えめで、絶対に上座には座らないタイプなんですけど、役柄にピッタリでした。みなさんとのお芝居合戦みたいなものが楽しかったですね」。

まさに適材適所で輝きを放つアンサンブルドラマも秀逸な本作。笑ってハラハラした後は、まさかの涙腺猛攻撃を浴びる。これがまた、奇襲の連打なのだ。ハンカチ必携でどうぞ。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:5月12日(木)17時12分

Movie Walker