ここから本文です

大切な1年に。2019年W杯組み合わせ抽選会、来年5月に日本で実施。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 5月12日(木)10時50分配信

 これからの1年間、テストマッチの重みがさらに増す。来春のワールドランキングが、2019年ワールドカップの組み合わせに影響するからだ。
 ワールドラグビー(世界のラグビーの統括機関)は5月11日、2019年に日本で開催されるワールドカップの組み合わせ抽選会を2017年5月におこなうことを明らかにした。抽選会は来年6月のウインドウマンス(国際交流期間)の前に、大会開催国の日本でおこなわれる予定だ。

6か国対抗メンバーずらり。スコットランド代表、来日予定メンバー発表。

 すでに次大会への出場権を持っているのは、2015年のイングランド大会で各プールの上位3チームに入った12の国々(ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、ウエールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、ジョージア、イングランド、日本、イタリア)。それらを来年5月のワールドランキングに応じて1~4位(最上位層/バンド1)、5位~8位(バンド2)、9位~12位(バンド3)と3つの層に分け、それぞれが抽選に臨む。4つのプールに振り分けられることになる。
 また、残る8枠(バンド4、バンド5)に関しては各地域予選経て出場国が決まる。現時点でその振り分けは発表されていないが、過去の実績などを考慮してやがて決定し、抽選会で各プールに振り分けられる。

 来年6月には4年に一度のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのツアーがおこなわれ(NZツアー)、イングランド、ウエールズ、スコットランド、アイルランドは主力が同チームに参加するため、ベストメンバーではない代表チームで同時期の国際試合を戦うことになる。5月に抽選会をおこなうのは、そういう背景も理由のひとつだろうか。

【RWC2019出場国/各地区予選】
■RWC2015プールマッチ各組上位3チーム(計12チーム)
ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、ウエールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、ジョージア、イングランド、日本、イタリア

■ヨーロッパ地区予選(1枠)
ヨーロピアン・ネーションズカップ(ヨーロッパ選手権)で最上位のチーム(ジョージアを除く/現在の最上位大会出場6か国はジョージア、ルーマニア、ロシア、スペイン、ドイツ、ポルトガル)がRWC 2019出場。

■オセアニア地区予選(2枠)
2016年6月から2017年にかけてホーム&アウェー方式で行われるパシフィック・トライネーションズ・チャンピオンシップ(フィジー、サモア、トンガ)の上位2チームがRWC 2019出場。

■ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ予選(1枠)
パシフィック・トライネーションズで3位に終わったチームはホーム&アウェー方式でヨーロピアン・ネーションズカップの2位(ジョージアを除く)とプレーオフで対戦。勝者が RWC 2019出場。敗者は敗者復活トーナメントに進む。

■アメリカ地区(2枠)
カナダとアメリカがホーム&アウェー方式で戦い、得点数で勝ったチームが RWC 2019 の出場権を獲得。敗者は南米のトップチーム(アルゼンチンを除く)と対戦し、勝者がRWC 2019出場。敗者は敗者復活トーナメントへ。

■アフリカ地区(1枠)
アフリカチャンピオンシップの優勝チーム。準優勝チームは敗者復活トーナメントに進む。

※アジア・オセアニア地区のプレーオフ
アジアラグビーチャンピオンシップ最上位チーム(日本を除く)はホーム&アウェー方式でオセアニアカップ(クック諸島、パプアニューギニア、アメリカンサモア、ソロモン諸島、タヒチなど)の優勝者と対戦。 勝者は敗者復活トーナメントに進む。

■敗者復活トーナメント最終予選(1枠)
各地域からの4チームで総当たり制。首位の1チームのみがRWC2019への出場権を獲得。

最終更新:5月12日(木)10時50分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]