ここから本文です

話題のドゥカティ「スクランブラー」をイッキ乗り!

オートックワン 5月12日(木)11時40分配信

話題のスクランブラーを800ccモデル・400ccモデル一気に試乗!

昨年の試乗会 ではデビュー前ということもあり展示だけに留まっていたドゥカティの『スクランブラー』ながら、今年は最初に販売された800ccの他、最近追加の400ccモデルも出展されていた。

ドゥカティ「スクランブラー」 画像100枚

外観ほぼ同じながら、排気量2倍!4輪車で言えば1500ccと3000ccを同じボディに搭載しているようなもの。果たして乗るといかに?

まず800ccの『アイコン』から試す。

エンジン形式はLツイン。Vツインとドコが違うのかと言えば大きく二つ。

Vの場合、バンク角は自由。60度でもいいし、120度だってOK。されどLなら90度が限定です。もう一つ。真横から見るとLツインは前方のシリンダーが前方向に寝ており、右側から見ると『L』字に見える。だからLツインなのだった。

バルブの駆動は伝統的にギアトレインを使う『デスモドロミック』。スプリングに頼らず強制的にバルブを駆動するのだけれど、今やドゥカティの「名物」みたいなもの。乗って解る違いは無い。日本仕様の最高出力75馬力。フロントサスに倒立式&ラジアルマウントのブレンボ製ブレーキを採用している。前後サスKYB製です。少し残念。

走り出すと最近のドゥカティに共通する扱いやすさ+低い回転域からドコドコとトルク出すエンジンが気持ちよい!

乾燥重量170kgと軽いこともあり、早めにシフトアップしていっても十分加速してくれる。取り回しだって良いから、近所の足として使ったってストレスを感じないだろう。もちろんコーナリングだって素直!

乗り心地はKYB製ダンパー使っているため、日本車的です。

中免で乗れるドゥカティ

続いて中型免許でも乗れる400ccの『シックスティ2』に乗り換える。

外観ほぼ同じに見えるけれど、ジックリ比べて見たらフロントサスが正立+通常マウントのキャリパーだったり、スイングアームがイカつい鉄製だったりするなど、細かいブブンでけっこう違う。800ccと15万円程度価格差あるけれど、納得出来る内容。

驚いたのはギア入れて走り出した瞬間だった。もはやバイクのキャラクターが全く異なる!

800ccモデルだと標準的なドゥカティと同じくトルクの太さで1爆発毎に路面を蹴るが如く加速していく。とっても気持ちよいし、ワイルド。言うまでも無く絶対的な加速感だってナカナカ。私のように「人生最後の一台」になりそうなジジイだって乗りたくなる。

1/2ページ

最終更新:5月12日(木)11時40分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]