ここから本文です

爆破予告“延長”で早期下校 松戸六実三小

千葉日報オンライン 5月12日(木)14時3分配信

 千葉県松戸市立六実第三小学校(同市六高台3、清水拓也校長、児童数432)に爆破予告があった問題で、同市教委は11日、爆破を20日まで延長する書き込みがインターネット上の掲示板にあったと発表した。予告を受けた20日まで授業を切り上げて下校する。

 市教委によると9日午後10時ごろ、職員が掲示板に「爆破は5月10日から20日までに行うことにした」などと書き込まれているのを発見。市教委は爆破予告時刻が午後3時34分のため、20日まで同校の6時限目の授業は行わず、午後3時に児童を一斉下校させる。5、6年生は計4時間、4年生は計2時間の授業が中止になる。

 登校も、部活動のある児童は午前7時20分、一般児童は午前8時~8時15分までとし、児童用昇降口を締め職員玄関から登校させる。教職員も予告時間には付近の公園に避難するという。

最終更新:5月12日(木)14時3分

千葉日報オンライン