ここから本文です

阪神・藤川、リリーフへ配置転換 来週6連戦で先発ローテ再編へ

Full-Count 5月12日(木)8時52分配信

5試合で1勝2敗、防御率6.12の藤川

 今季、開幕から先発ローテションに入っていた阪神・藤川球児がリリーフに再転向することになった。11日の巨人戦(甲子園)はブルペンでスタンバイ。香田投手コーチは「様子を見ながらになる。いつまでということではない」と説明。13日からのDeNA3連戦(横浜)でも中継ぎとして待機することになる。

 藤川はここまで5試合全てに先発として登板。1勝2敗、防御率6.12と結果を残すことができなかった。17日からの中日、広島との6連戦は先発ローテが再編されることになりそうだ。メッセンジャー、藤浪、岩貞、能見の4枚は確定。残り2枠は前回登板の5月4日・中日戦(ナゴヤドーム)でプロ初勝利を挙げた左腕・横山、ウエスタン・リーグで好投を続けている岩崎が有力となっている。

 11日の巨人戦(甲子園)で1-3で敗れ勝率は5割に。今季から導入された新ルール・コリジョンが適応されアウトの判定がセーフに覆るなど、阪神からすれば後味の悪い内容となった。今シーズンの甲子園での対巨人戦はこれで1分け3敗。虎党のフラストレーションは溜まる一方。13日のDeNA戦は藤浪が登板。エースの快投で悪い流れを何とか変えたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月12日(木)9時16分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]