ここから本文です

国道357号の本牧地区が開通 大黒ふ頭間との所要時間が大幅減

乗りものニュース 5月12日(木)7時0分配信

南本牧ふ頭~大黒ふ頭間の所要時間がおよそ3分の1に

 国土交通省関東地方整備局は2016年5月10日(火)、国道357号(東京湾岸道路)の本牧地区について、開通直後の交通状況を発表しました。

 国道357号では、横浜ベイブリッジ南側の横浜市中区本牧ふ頭から同・錦町までの区間およそ2.3kmが、3月27日(日)に暫定2車線(片側1車線)で開通しました。その結果、開通区間では1日あたり大型車約4600台を含む約1万1400台のクルマが通行。南本牧ふ頭から大黒ふ頭までの所要時間は、約33分から約13分に短縮されています。

 並行する道路のうち、渋滞が多く発生していたという鴎橋入口交差点(横浜市中区新山下)では、大型車の数が1日あたり約7300台からおよそ2割減の約5900台に。渋滞発生時間も開通前の約210分が、開通後は約30分に減少しました。

 国道357号は千葉市中央区から東京都内、川崎市、横浜市などを経て、計画では神奈川県横須賀市に至る延長およそ80kmの道路です。おおむね首都高速湾岸線に並行しており、羽田空港や物流拠点、東京ディズニーリゾートをはじめとするレジャー施設などを結んでいます。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月12日(木)7時0分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]