ここから本文です

プレーヤー機能も内蔵するクリエイティブのBluetoothヘッドホン、「Creative Outlier」

Stereo Sound ONLINE 5月12日(木)17時38分配信

microSDカードスロットを装備

 5月中旬、クリエイティブ(Creative)からBluetoothヘッドホン「Creative Outlier(クリエイティブ アウトライアー)」(型名HT-OTLIR)が発売される。直販サイトでの販売価格は1万2,800円(税別)。

 本機のBluetoothはバージョン4.1、対応プロファイルはA2DP / AVRCP / HFPとなり、音楽再生はもちろん、スマートフォンでの通話も可能だ。また、NFCに対応し、ワンタッチでペアリングができる。

 イヤカップには、microSDカードスロットを備える。これにより、最大32GバイトまでのmicroSD、もしくはmicroSDHCカードに収めたMP3 / WMA / WAVの音楽をヘッドホン単体で再生するという、プレーヤーいらずのモデルとなっている。

 さらにmicroUSB端子を備え、付属のUSBケーブルでパソコンと接続してデジタルサウンドが楽しめる。クリエイティブのWEBサイトには、Windows用のドライ―バーとWindows/Mac対応のソフトウェアを用意。インストールすると、映画鑑賞やゲームで迫力と臨場感がアップするというSBX Pro Studio機能も利用できる。

 3.5mmのAUX入力端子も備えており、オーディオプレーヤーとのアナログ接続も可能だ。

 ボディカラーはブラックとホワイト。イヤカップに装着する6色の「アコースティックリング」が付属し、ファッションや気分でリングを交換できる。なお、リングを装着するとバランスを優先、リングを取り外すと低音を優先する音作りとなる。

 そのほか、ボタン操作で経過時間やラップタイムを英語音声でアナウンスする「Lap Timer」や、Androidのスマートフォンで通知テキストを読み上げるアプリ「Buddy」などにも対応する。

 重量は約93g。連続再生は最大約10時間、連続通話は最大約8時間が可能となる。

【Creative Outlierの主な仕様】
■ドライバー:32mm
■周波数特性:20Hz~22kHz
■インピーダンス:24Ω
■Bluetoothバージョン:4.1
■プロファイル:
・A2DP(ワイヤレスステレオBluetooth)・SCMS-T対応
・AVRCP(Bluetoothリモートコントロール)
・HFP(ハンズフリープロファイル)
■コーデック:SBC / mSBC / FastStream
■通信距離:約10m
■プレーヤー機能対応フォーマット:MP3 / WMA / WAV(48kHz/16bit)
■電源:内蔵充電式リチウムイオンバッテリー
■充電:USB 5V 500mA
■電池持続時間
・連続再生…最大約10時間
・連続通話…最大約8時間
■質量:約93g

Stereo Sound ONLINE

最終更新:5月12日(木)17時38分

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]