ここから本文です

つんく♂、再出発のきっかけ与えてくれたTOKIOに感謝「ホンマに心が生き返った」

トレンドニュース(GYAO) 5月12日(木)16時10分配信

喉頭がんのため声帯摘出手術を受けた音楽プロデューサーのつんく♂が、術後の精神的に不安定な状態から立ち直るきっかけになってくれたとして、TOKIOのメンバーに感謝を述べた。つんく♂は昨年4月、自身がプロデュースした母校の近畿大学の入学式に出席し、声帯摘出手術を受けて声を失ったことを公表した。

つんく♂は5月12日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」で、同番組のMCを務めるTOKIO・国分太一と対談した。退院から1カ月半後、つんく♂は家族に感謝の気持ちを伝えるために、かつてプロデュースに携わり親交のあるTOKIOメンバーとホームパーティーを開催し、サプライズでミニライブを行ったのだという。

家族へのプレゼントとして行ったライブだったが、つんく♂自身にとっても大きな意味を持つ出来事となった。当時はちょうどハロー!プロジェクトの総合プロデュースの契約も終了し、食事もろくに喉を通らず「もうステージにあがることはない」と考えて精神的に不安定な状態となっていた。しかしTOKIOのメンバーたちとのセッションにより、学生時代にバンドを組んで夢中になっていた日々などの自身の音楽の原点を思い出し、「こんなこと、あんなこともやれるな」と再び表舞台に立つ気力が沸いてきたことが明かされた。つんく♂は「いろんなきっかけを作ってくれたのがあの日の会やったんよ」と振り返った。

国分は「つんく♂さん強いですね。なんでこんなに強いんだろう。人前で絶対泣かないじゃないですか。でも泣きたいときだってもちろんありましたよね」と涙する。つんく♂は「(ホームパーティーは)ホンマに心が生き返ったというか、今日の俺とか家族につながった瞬間やった」とTOKIOメンバーへの感謝の気持ちを明かした。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:5月12日(木)16時10分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。