ここから本文です

「株式会社SUBARU」に 富士重工業、創業100年の2017年に社名を変更

乗りものニュース 5月12日(木)15時13分配信

大正時代に飛行機会社として創業

 富士重工業は2016年5月12日(木)、社名(商号)を「株式会社SUBARU」(かぶしきがいしゃすばる、英文表記:SUBARU CORPORATION)に、2017年4月1日から変更すると発表しました。

 5月12日(木)に開かれた臨時取締役会で社名変更を決議。今年6月28日(火)に開催予定の第85期定時株主総会で定款変更が承認されれば、社名が「富士重工業株式会社」から「株式会社SUBARU」に変更されます。

 1917(大正6)年に創設された飛行機研究所(後の中島飛行機株式会社)を源流とする富士重工業は、1958(昭和33)年に軽自動車「スバル360」を発売。その後、「スバル」ブランドの自動車事業を中心に、航空宇宙や産業機器などの各事業を発展させてきました。

 現在、富士重工業の自動車事業は世界90か国以上で展開されており、2017年3月期は年間販売台数100万台超えを見込んでいるといいます。

 富士重工業によると、「SUBARU(スバル)」は「六連星(むつらぼし)」とも呼ばれる星団の名前で、純粋な日本語です。富士重工業が中島飛行機の流れをくむ5社の出資によって設立させたことにちなんで名付けられました。

 創業100周年を機に社名をブランド名と統一させる目的について富士重工業は、「“スバルブランドを磨く”取り組みをさらに加速させ、スバルを自動車と航空宇宙事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させること」と説明。「株式会社SUBARU」においても、同社の経営理念である「“お客様第一”を基軸に『存在感と魅力ある企業』を目指す」ことを堅持し、長年培ってきた「安心と愉しさ」という価値を提供し続けていくとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月16日(月)12時15分

乗りものニュース