ここから本文です

ボルシアMG指揮官、来季も続投へ 今季V字回復の立役者

theWORLD(ザ・ワールド) 5月12日(木)15時30分配信

ライバルチームの監督引き抜きを否定

ボルシア・メンヘングラッドバッハを率いるアンドレ・シューベルト監督が来季も引き続き指揮を執ることが明らかになった。クラブの公式サイトが伝えている。

今季、シューベルト監督はシーズンの途中から就任し、チームの復調に大きく貢献している。同監督が就任したとき、チームは開幕5連敗という厳しい状況だったが、就任以降10試合負けなしでチームを蘇らせている。その後もコンスタントに勝ち点を積み重ね、今季は4位フィニッシュをほぼ確実とした。

クラブのマックス・エベールSDは「我々はここ数シーズン素晴らしい時間を送り続けている。それを続けるために、来季もアンドレ・シューベルトが指揮を執ることになる」と話し、現監督の続投を明かした。

先日、ボルシアMGはアウクスブルクのマルクス・ヴァインツィール監督の招へいを考えていると報じられていたが、エベールSDはそれを否定している。来季ボルシアMGはシューベルト監督の元で、さらなる成長を遂げることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月12日(木)15時30分

theWORLD(ザ・ワールド)