ここから本文です

ゴーン社長「画期的な合意」 日産と三菱自、資本業務提携を正式発表

乗りものニュース 5月12日(木)17時23分配信

日産が三菱自の筆頭株主に

 日産自動車と三菱自動車は2016年5月12日(木)、「幅広い戦略的アライアンスに関する覚書」を締結。三菱自動車の発行済み株式34%を、日産が2370億円で取得する予定と発表しました。

「アライアンス(alliance)」は同盟、提携という意味です。両社によると「戦略的アライアンス」は、過去5年間にわたり協力を続けてきた現行のパートナーシップをさらに発展させるものだとしており、購買、車両プラットフォームの共用、新技術の開発分担、生産拠点の共用、および成長市場を含む、複数の面で協力していくことにも合意したといいます。

 日産自動車は新規に発行される5億660万株の三菱自動車株を、1株あたり468円52銭で取得する予定です。取引成立後、日産自動車は三菱自動車の筆頭株主になります。株式の取得は、2016年末までに全ての手続きが完了する見込みです。

 日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーンさんは「本件は画期的な合意であり、日産と三菱自動車の双方にウィンウィンとなるもの」とし、「当社は、三菱自動車の筆頭株主として、同社のブランドと歴史を尊重し、大きな成長の可能性の実現をサポートしていきます」とコメント。三菱自動車の取締役会長兼CEOの益子修さんは「今回の合意で、両社の将来の発展に求められる、長期的な価値を生み出すことができるでしょう」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月12日(木)17時23分

乗りものニュース