ここから本文です

古河電工、20年度営業益400億円 新中計策定

日刊産業新聞 5月12日(木)12時37分配信

 古河電気工業は11日、2020年度をターゲットにした5カ年の新中期経営計画「Furukawa G Plan2020」を発表した。インフラ/自動車市場に注力しながら5年後の目標としては、連結売上高9200億円以上、営業利益400億円以上、当期利益200億円以上、ROE8%以上、海外売上高比率60%の達成を目指す方針だ。また、設備投資は16―18年度の3カ年で1100億円、研究開発費は同570億円と設定し、将来の成長を図る。

最終更新:5月12日(木)12時37分

日刊産業新聞