ここから本文です

嵐・大野智主演ドラマ「世界一難しい恋」ついに訪れた決定的瞬間に「何度見ても涙出ちゃう」の声

E-TALENTBANK 5月12日(木)17時43分配信

11日夜放送された日本テレビ系ドラマ「世界一難しい恋」。

気難しい性格の社長・鮫島零治(大野智)が、ついに、美咲(波瑠)に「好きだ」と告白したが、美咲からの答えは「考えさせてください」だった。なぜ美咲がそんなことを言ったのか、零治には理解できない。その話を聞いた舞子(小池栄子)は、美咲が零治との未来を真剣に考えた上での発言だと励ます。しかし、零治は前向きにとらえられない。そして、紆余曲折ありながら、第5話の最後では、美咲からその告白に対する返事が伝えられた…というストーリーが展開された。

この展開に、視聴者からはTwitterで「社長ぉぉぉぉぉ。なんか成長しすぎて泣けてくるよ」「よかったねよかったねってなってるよ」「何度見ても涙出ちゃうよ~」「っていうか返事かえすときすごいハラハラした~」「セカムズみて嬉しすぎて泣いたけど次回予告でぎゃあああなったもう感情の上下激しいwww」と感想が多く寄せられていた。

来週放送の第6話では、その後の二人の様子が描かれることになるが、まだまだ一波乱も二波乱もあるようなので、見逃さないようにしよう。

最終更新:5月12日(木)17時43分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。