ここから本文です

楽天・藤田が見せた好判断 「セーフだと同点だったので良かった」

Full-Count 5月12日(木)11時41分配信

嶋の抗議で判定覆る

 楽天の藤田一也内野手が11日の西武戦で好判断を見せた。

 4回の守備だった。西武の8番・炭谷にタイムリーを許し、3-2と1点差に迫られていた楽天。なおも無死一、三塁で9番・金子のゴロはショート・茂木の正面へ。二塁ベース上の二塁・藤田に転送すると、藤田は一塁ではなく本塁へ送球した。

楽天、過去10年のドラフト指名選手一覧

「ランナーのスタートが遅れていたので間に合うかなと思った。タイミングは微妙だったが、いいところに投げられた」と藤田。捕手・嶋は三走・木村文にタッチをしたように見えたが、判定はセーフ。これに嶋が抗議。梨田監督もベンチを飛び出した。

 本塁クロスプレーはビデオ判定となり、判定はアウトに覆った。藤田は「嶋がアピールしてくれたので。セーフだと同点だったので良かった」と笑顔。同点になっていれば、西武に流れが傾いてもおかしくなかっただけにビッグプレーになった。

高橋昌江●文 text by Masae Takahashi

最終更新:5月12日(木)11時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]