ここから本文です

【MLB】楽天退団のゴームズ、米メディアに帰国の理由明かす 「地震も怖かった」

Full-Count 5月12日(木)13時7分配信

今月6日に退団、「チームメイト全員と会話ができないということが嫌だった」

 今月6日に楽天から退団が発表されたジョニー・ゴームズ外野手が、米メディアに帰国の理由を明かしている。メジャー通算162本塁打を誇るゴームズは、今季から楽天に加入したものの、18試合出場で打率1割6分9厘、1本塁打、7打点の成績に終わり、4月22日に登録抹消。同25日に家庭の事情で帰国し、そのまま退団となっていた。

楽天、オフの補強、退団、移籍、契約、戦力外一覧

 米FOXスポーツの名物記者ケン・ローゼンタール氏は、帰国後のゴームズに取材し、記事を執筆している。ローゼンタール氏は、今年2月にゴームズが楽天と契約した際に「自分にとってここ何年かはワールドシリーズか今ひとつなシーズンか、という感じだった。自分は日本で勝ちにいく」と意気込みを明かしていたことを記した上で、「しかしながら、ゴームズの旅は計画通りには行かなかった。先日、彼は楽天ゴールデンイーグルスを退団し、米国に戻ることに合意した」と伝えている。

 ゴームズは成績が低迷したことに加え、チームメートとのコミュニケーションに問題を抱えていたこと、そして地震に恐怖を感じていたことを同氏に明かしたという。記事では、「彼はまた言語に起因するチームメイトとのコミニュケーションの問題と4月半ばにあった数度の地震に混乱させられていた」として、本人のコメントも紹介している。

「言葉のせいで、チームメイト全員と会話ができないということが嫌だったんだ。ロッカーの前で独り座っていて、ダッグアウトでも同様だったし、会話をすることができなかった」

「地震も恐ろしかった。もし何かが起きた時、自分はコミニュケーションがとれない。その他のことは素晴らしかった。良いチームだし、街も、食事も、これら全てがね」

メジャー復帰を熱望するゴームズ「50歳になってもプレーをしたい」

 日本では、4月に熊本地震が発生。14日21時26分にM6.5の前震、16日にM7.3の本震があった。ゴームズを含めた楽天ナインは当時、博多にいたが、15日のソフトバンク戦は開催されたものの、16日は地震による交通機関への影響、および、興行時における観客の安全確保を考慮した上で、試合が中止となっていた。

 ゴームズはMLB復帰について「あぁ、プレーをしたい。50歳になってもプレーをしたいけども、自分や球界の状況というものは理解している」として、「また、自分がチームに成績以上のものをもたらせるということも分かっている。過去を振り返ってみても大口を叩いているわけではないと思う」と話したという。

 2013年にはレッドソックスで上原、田澤とともに世界一に輝いた。また、昨年はシーズン途中にロイヤルズに加入。ポストシーズンのロースターからは外れたものの、その後もチーム内で強烈なリーダーシップを発揮し、ワールドシリーズ制覇に貢献。自身2つ目のチャンピオンリングを手にしている。人格者としても知られ、優勝パレードで行った名スピーチはレッドソックス時代と同様に大きな話題となった。

 日本では力を発揮できなかったが、再びメジャーの舞台に戻ることはあるのだろうか。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月12日(木)16時3分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。