ここから本文です

【MLB】メジャータイ記録20奪三振、古巣相手に偉業のシャーザー「三振はセクシー」

Full-Count 5月12日(木)14時55分配信

 三振はセクシー? 11日(日本時間12日)に古巣タイガース戦でメジャータイ記録となる20奪三振を記録したナショナルズのマックス・シャーザー投手が、試合後に「ストライクアウトはセクシーだ。20奪三振もセクシーだよね」と満面の笑みを浮かべたと、ワシントンポスト紙電子版が伝えている。

「8回のどこかで三振を取ったタイミングで、それが18個目だって声が聞こえたんだ。その時、初めて三振の数を意識したよ」という右腕は、9回にミゲル・カブレラを時速97マイル(約156キロ)の速球で空振り三振、ジャスティン・アップトンを3球で空振り三振とし、1998年にケリー・ウッド(カブス)が記録して以来となるメジャー記録に並んだ。

 元チームメイトたちもシャーザーの快挙に脱帽だ。ESPNのケイティ・ストラング記者はツイッターで、この日シャーザーに3三振を喫したカブレラの「あんな投球をする姿は初めて見た」というコメントを紹介し、今までで最高の投球だったと伝えている。また、3三振を喫しながら9回にセンターへソロ弾を放って一矢報いたJ・D・マルティネスも「彼が2億1000万ドル(約229億円=シャーザーの7年総額の年俸)稼ぐ理由はあるんだよ」と、驚愕の様子だったという。

 シャーザーは「ミギー(カブレラ)、JD(マルティネス)、ビクター(マルティネス)ほか、とにかくタフなラインナップを相手にしなければならなかった。信じられないほど素晴らしい打線。今日は本当に大変だったけど、彼らを相手に20奪三振できたことは誇りになるよ」と話したという。

 2度のノーヒットノーランに加え、この日達成した20奪三振。次はどんな記録を打ち立てるのか楽しみだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月12日(木)15時8分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]