ここから本文です

11ゴール&15アシストを誇る“ドルトムントの王様”が74億円でチェルシー移籍か

theWORLD(ザ・ワールド) 5月12日(木)20時20分配信

チェルシー入りが優勢か

ヘンリク・ムヒタリヤンを求めるクラブが後を絶たない。とりわけイングランドのチェルシーとアーセナル、そしてイタリア王者ユヴェントスが積極的な動きを見せているようだ。

ドルトムントとの契約を2017年まで残しているムヒタリヤンだが、英『TRIBAL FOOTBALL』は、このアルメニア人MFが今夏に売却されることになると指摘。中でもチェルシーは来季より就任予定のアントニオ・コンテ新監督が同選手獲得を熱望しており、6000万ユーロ(約74億円に相当)もの移籍金でムヒタリヤンとの契約を完了させたがっているという。一方で、1人の選手にあまり大金を投資することのないユヴェントスは、来年1月まで同選手との契約を見送る可能性もあると『TRIBAL FOOTBALL』は伝えている。

今季のブンデスリーガで11ゴール&15アシストを記録し、毎週のようにMVP級の働きを見せているムヒタリヤンだが、今夏にステップアップを果たすことになるのだろうか。先日はマッツ・フンメルスのバイエルン行きが発表されたこともあり、ドルトムントサポーターは眠れない夏を過ごすことになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月12日(木)20時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]