ここから本文です

【MLB】161キロ直球&120メートル超弾連発 前田沈めたメッツ右腕「これは夢」

Full-Count 5月12日(木)22時7分配信

投手の2打席連続本塁打はメッツでは33年ぶり

 メッツのノア・シンダーガード投手が11日(日本時間12日)、敵地ドジャース戦で前田健太投手から2打席連続本塁打を放ち、チームを4-3での勝利へ導いた。

 3回先頭で迎えた第1打席に、初球高めの89マイル(約143キロ)速球を右翼への先制ソロホームランとすると、1点を追う5回には無死一、二塁の得点機で、追い込まれてからの5球目外角低めスライダーを左中間スタンドに逆転3ランとした。飛距離は1本目が407フィート(約124メートル)、2本目が400フィート(約122メートル)だった。

 1試合2本塁打したメッツの投手は、1983年8月6日カブス戦のウォルト・テレル以来球団史上2人目。メジャーでは、2007年8月18日ブレーブス戦でマイカ・オーイングス(当時Dバックス)が同じく2打席連続アーチを放って以来の快挙となった。

「リトルリーグの時ですら2本塁打したことはないと思うよ」

 マイカ・オーイングスは自身のツイッターでシンダーガードを祝福。この日、メジャー最多タイとなる20奪三振を記録したシャーザー(ナショナルズ)に同記録を持つケリー・ウッド氏(元カブス)が送った言葉にちなみ「”Welcome to the club”!(ようこそ仲間に)RESPECT」と賛辞を送った。

 対戦相手ドジャースの名物実況アナ、ヴィン・スカリー氏は、アメコミのキャラクター「ソー(Thor)」をニックネームとする右腕が2本目の本塁打を放つと「シンダーガードが2本塁打! いや、もう彼をソーと呼ぶべきでしょうか!」と大興奮だった。

 シンダーガード自身も「これは夢。現実じゃないよ。リトルリーグの時ですら2本塁打したことはないと思うよ」と、自身が打ち立てた快挙に信じられない様子。投げては最速100マイル(約161キロ)の直球を連発するなど、投打で圧倒的な存在感を見せ、ドジャースを沈めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月12日(木)22時42分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]