ここから本文です

フンメルス退団後のドルトムントのキャプテンは? 独紙はイケメンリーダーを推薦

theWORLD(ザ・ワールド) 5月12日(木)21時20分配信

向いていないようにも思えるが

ドルトムントの次なるキャプテンは誰になるのだろうか。そんな話題に関するアンケートが行われた。

先日、チームのキャプテンを務めるDFマッツ・フンメルスが来季からバイエルンへ加入することが発表された。無論言うまでもなく、ワールドクラスのDFだったフンメルスの退団は戦力的にも大きなダメージだが、リーダーがいなくなるといった点でもチームに大きな影響を与えることだろう。

そこで独『Bild』はトーマス・トゥヘル監督に対して、3人の候補者を挙げている。一人目はMFスベン・ベンダー。ファンからも人気のある選手で、ピッチで闘争心をむき出しにする姿はキャプテンにふさわしい。しかし、今季スタメンに名を連ねた回数は13回とキャプテンになるには物足りない数字だ。二人目はDFマルセル・シュメルツァー。チームで2番目に在籍年数が長く、たびたびチーム愛も語っている。

三人目はマルコ・ロイスだ。スター選手であるゆえに素行に問題を抱えており、キャプテンには向いていないように思える。しかし、同紙が行ったアンケートでは半数以上がロイスの新キャプテンを支持しているようだ。来季からはイケメンリーダーとして素行も改善され、キャプテンらしい振る舞いに変わっていくのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月12日(木)21時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]