ここから本文です

『おそ松さん』フェイスパックに! 6兄弟それぞれ香り別で全6種類

クランクイン! 5月12日(木)14時0分配信

 爆発的人気を博したテレビアニメ『おそ松さん』がアートマスクになって登場した。キャラクター別のカラーと香り、そしてパッケージにはユニークなセリフ付きで遊び心満載なアイテムとなっている。

【関連】『おそ松さん』フェイスマスク<フォトギャラリー>


 『おそ松さん』は、マンガ家・赤塚不二夫が「週刊少年サンデー」(小学館)で1962年に発表し、発表から今日まで単行本の累計発行部数が1000万部を超える伝説のギャグマンガ『おそ松くん』の、成長した姿を描いたテレビアニメ。六つ子とはいえ、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松の6人を、それぞれ個性的なキャラクターとして描き、ファンの間では“推し松”などの言葉が生まれた。

 アートマスクとは、美容アイテムのフェイスマスクに人気キャラクターや絵などを模したもので、現在は「ふなっしー」「ゴルゴ13」などのキャラクターから 「アニマル」柄・「お江戸」柄など約100種類のアートマスクを製作。日本以外でもアメリカ・カナダ・シンガポール・マレーシア・タイ・ニュージーラン ド ・オーストラリア・モンゴル・香港・中国・台湾・韓国など世界13ヵ国で販売されている。なお、『おそ松さん』アートマスクの販売は日本国内限定となっている。

 また、、フェイスマスクは6兄弟に合わせ全6種類。「おそ松×ローズ」「カラ松×マリン」「チョロ松×グリーンティー」「一松×ラベンダー」「十四松×シトラス」「トド松×ベリー」と、キャラクターにあわせ豊かな香りが楽しめるようになっている。

 『おそ松さん アートマスク』は5月26日より全国のドラッグストア・バラエティショップで、500円(税別)で順次発売。

最終更新:5月12日(木)14時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。