ここから本文です

『X‐MEN』最新作、英プレミアにキャスト集結! J・ローレンスがセクシー過ぎる

クランクイン! 5月12日(木)13時8分配信

 世界的ヒットを続けてきた『X‐MEN』シリーズの最新作『X‐MAN:アポカリプス』のロンドンプレミアが現地時間の5月9日に行われ、出演のジェームズ・マカヴォイ、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック、ブライアン・シンガー監督ら豪華キャストが集結した。また待望の日本公開も8月11日に決定した。

【関連】ジェニファー・ローレンスのセクシードレスはこちら


 本作は『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』、『X‐MEN:フューチャー&パスト』からなる3部作の完結編。文明の誕生以前に“神”として世界を支配していたミュータント、アポカリプスが数千年の眠りから目を覚まし、人間の文明が間違った方向に発展したと考え、新たな秩序をもたらすため、マグニートーらを従え世界の破滅を計画する。その恐ろしい目論みを阻止すべく、プロフェッサーXをはじめ、ミスティークやジーン・グレイ、サイクロップス、クイックシルバーら若きX‐MENたちが立ち上がるストーリー。

 マリリン・モンローを彷彿とさせるセクシー衣装で登場したジェニファーは本作について「どことなく恐い感じもあるわ。スリリングで、ちょっと恐い。だけど、とても感情的な作品だわ。ワクワクする」とコメント。また新キャスト、オリヴィア・マンとのファイトシーンについては「本当に凄くて、素晴らしいパフォーマンスを見せているわ
」と絶賛した。

 また、メガホンをとるブライアン監督は「歴代のX‐MEN作品でも表現されている中心的なテーマ、忍耐について何か感じたり考えたりしてくれたら嬉しい。そして、過去の作品にも立ち返って観てもらえたらいいね」と、これまでのシリーズとの繋がりについて触れている。

 あいにくの雨天だったにも関わらず、作品のイメージに合わせ、水色のカーペットが敷かれてた会場には大勢のファンやマスコミが集まり作品の注目の高さを見せつけたセレモニーとなったとなった。

 『X-MAN:アポカリプス』は8月11日より全国ロードショー。

最終更新:5月12日(木)13時8分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。