ここから本文です

4月は好調も…プロ野球界にも“五月病”?

ベースボールキング 5月12日(木)7時30分配信

 5月のゴールデンウィーク明け頃から、社会人や学生などに見られる“五月病”。プロ野球界でも、5月に入ってから調子を落とした選手がいる。

 菊池涼介(広島)がその一人だ。14年にリーグ2位の打率.325を記録するも、昨季は故障の影響で.254に終わった。巻き返しを狙う今季は3・4月、12試合連続安打を記録するなど、リーグトップの打率.361をマーク。2番打者として、好調な打線を支えた。

 しかし、5月は1日の中日戦で無安打に終わると、5日の巨人戦にかけて4試合連続無安打。4月終了時点で.361あった打率は、5日の巨人戦後には.321まで落ち込んだ。それでも、10日のヤクルト戦では決勝のタイムリーを放つなどマルチ安打を記録。復調の兆しを見せつつある。

 一方、パ・リーグでは中島卓也(日本ハム)が調子を落としている。一時は打率トップに躍り出るなど、3・4月は打率.300をマークしたが、5月は9試合に出場して打率.200と低迷。3番・田中賢介、4番・中田翔、5番・大谷翔平または近藤健介というクリーンナップに繋ぐ「2番」を打つことが多いだけに、得点圏で3人に回すためにも開幕直後の状態に戻したいところだ。

 その他にも、3・4月打率3割以上をマークした糸井嘉男(オリックス)、角中勝也(ロッテ)や、開幕から1番でスタメン出場することの多かった高山俊(阪神)も5月に入ってから打率が落ちている。

 男たちのお目覚めはいつになる?チームに欠かせない選手たちだけに、なるべく早く浮上のキッカケを掴んでもらいたいところだ。


【5月に入って調子を落としている選手】

菊池涼介(広島)
[3・4月] 27試 率.361 本4 点19
[5月以降] 9試 率.189 本0 点4

中島卓也(日本ハム)
[3・4月] 28試 率.300 本0 点7
[5月以降] 9試 率.200 本0 点2

糸井嘉男(オリックス)
[3・4月] 26試 率.300 本5 点20
[5月以降] 9試 率.184 本0 点3

角中勝也(ロッテ)
[3・4月] 36試 率.306 本0 点13
[5月以降] 9試 率.219 本0 点2

BASEBALL KING

最終更新:5月12日(木)7時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]