ここから本文です

女子野球のニューヒロイン候補!埼玉アストライアの「2人の5割打者」

ベースボールキング 5月12日(木)10時0分配信

女子野球界のニューヒロイン候補

 女子プロ野球にとんでもない打者が出現した。

 埼玉アストライアの楢岡美和外野手(21)と、佐藤千尋内野手(27)の2人だ。

 楢岡はここまで10試合に出場し、35打数20安打の大当たり。打率は驚異の.571をマークしている。男子でも10試合では滅多にお目にかかれない夢の様な数字であるが、これを安打が出にくいとされている女子野球で叩き出しているのだからとてつもない。

 楢岡の一番の魅力は、どちらかと言えば“当てに行く”タイプの選手が多い女子プロ野球界の中で、「いつでもフルスイング」と本人が自称するほどの豪快な打撃にある。スケールの大きいスイングは男子顔負けだ。

 絶好調の要因といえば、今シーズンから取り入れたという一本足打法にある。強靭な下半身がなければ男子でも困難とされているこの打法を、樽岡は見事に使いこなしているのだ。

 オフの走り込みで「本当に死ぬかと思った」と言うほどに下半身を徹底的に強化。鍛え上げられた太ももがこの“奥義”を可能にした。

 さらに、樽岡に“一本足打法”を教えた人物こそ、かつてこの打法の使い手として活躍した元西武の名選手・片平晋作氏だった。あの王貞治と並ぶ一本足打法の使い手として有名な片平氏から、打法の極意を伝授されたという。

 「走り込みで下半身を作ったので、この打法がすごくしっくりしています。体重を足首に乗せる感じで、前後の体重移動もコツが分かってきました。片平さんにすべてを教えていただきましたし、女子ではNo.1の一本足打法の使い手になりたいです」と樽岡は笑う。

 連日の振り込みで手のひらはマメだらけ。血マメをつぶすことも何度もあったという。

 「シャンプーするとき、手が痛いんです」。女の子にとってはありえない悩みが、いま一番の悩みだという。

手のひらのマメは悩みの種であり、勲章でもある

 もう一人の5割打者は、そんな樽岡とは正反対なタイプの選手。街を歩いている佐藤を見かけても、プロ野球選手だと思う人はいないのではないか。それほど華奢な体から安打を量産している。

 佐藤もここまで10試合に出場し、26打数13安打の打率5割をマーク。女子選手の中に混じってもパワーで負ける佐藤が、どうしてここまで打てるのだろうか。

 上述した樽岡の打撃が片平氏直伝なら、佐藤の打撃は“川端流”。この川端とは、チームメイトの川端友紀の実兄・川端慎吾(ヤクルト)のことである。

 川端本人から直接指導を受けた経験はないが、「2ストライクと追い込まれてからの打撃とかを参考にしています」と佐藤。「分からないことがあったら、友紀に聞いてもらったりしてます」と妹を通じて川端流のバッティングを体得しようとしている。

 また、男子とは違って「球を読む」ことをしないというのも佐藤の打撃論。直球を待ったり、変化球を狙ったりは一切なし。とにかくタイミングとミートを心がける。

 「男子と違って遠くに飛ばすことができないので、コンパクトに振って、後はタイミングとミートです」佐藤は語る。

 「女子は男子と違ってヒットゾーンが広いと思います。なので、逆にヒットを打ちやすい環境にあるのかなと思います」。なるほど。女子は体型が小さいため、同じ陣形をとっても生じるスペースは男子のそれよりも大きくなる。ごく自然なことだった。

 ちなみに、佐藤の悩みというのもやはり楢岡と同じで手にできた大きなマメだという。「コンビニとかでおつりをもらうとき、めちゃくちゃ恥ずかしいです」。

 同世代の女の子ならば、キラキラしたネイルなど、手のお洒落もしていることだろう。そんな中2人はバットを振り込み、手のひらに“勲章”を作っている。

 女子野球は選手と触れ合う機会も多く、球場に足を運べば彼女たちと握手をすることもできる。その際には是非、手のひらにできた“勲章”を通してその頑張り、すごさを実感してほしい。

BASEBALL KING

最終更新:5月12日(木)10時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月2日(日)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。