ここから本文です

「左腕不足」の球界で熾烈なバトル!侍ジャパン入りをかけた“左腕争い”に注目

ベースボールキング 5月12日(木)11時30分配信

いよいよ来春、第4回WBCが開幕

 2017年の春、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開催される。

 第1回、第2回大会と連覇を果たした侍ジャパンだったが、第3回大会では準決勝でプエルトリコに敗れた。第4回大会はその雪辱を期す戦いとなる。

 2013年に行われた第3回大会は、ダルビッシュ有やイチローなど、過去2大会で世界一に貢献した、いわゆる「海外組」の日本人選手達が代表を辞退。メンバーは全て日本球界から選出された。

 今度の大会も、今のところ海外組の参加の可否は不明。またしても揃って不参加となる可能性も大いにある。

 2012年に代表を常設化し、2013年から小久保裕紀監督のもとで4年間戦ってきた侍ジャパン。「海外組」選手を招集したことは今まで一度もない。たとえ「海外組」の不参加が決まったとしても、「国内組」の選手たちで歩んできた“結束力”を武器に、世界に再び挑んでいってほしい。

代表チームを支えてきた左腕

 日本が世界に誇る武器といえば、なんといっても「投手力」だろう。田中将大にダルビッシュ有、前田健太、岩隈久志、そして上原浩治に田沢純一と、いまの日本人メジャーリーガーの大半は投手が占めるように、日本産投手は世界的に見ても価値が高くなっている。

 仮に「海外組」の不参加が決定したとしても、世界と戦える投手は国内でも育ってきている。WBCという大会の経験はないものの、大谷翔平や藤浪晋太郎、菅野智之。則本昂大といったあたりは若くしてすでに球界を代表する投手にまで成長を遂げており、さらに親善試合をはじめ日米野球やプレミア12といった国際舞台での経験もある。きっと世界の並み居る強打者たちを相手にしても、好投を見せてくれることだろう。

 しかし、そんな日本の投手陣の中で危惧される問題もある。それが「左腕不足」だ。

 上で触れた投手たちは全員右腕であり、いまの球界を代表する投手といえば「右」が圧倒的に多い。過去3回のWBCにおいて、代表に選出された左腕を振り返ってみると以下の通りである。(※成績は大会前年シーズンのもの。所属は当時)


【第1回(2006年)】
藤田宗一(ロッテ) 1勝4敗、24ホールド 防2.56
和田 毅(ソフトバンク) 12勝8敗 防3.27
杉内俊哉(ソフトバンク) 18勝4敗 防2.11
石井弘寿(ヤクルト) 4勝3敗、37セーブ、10ホールド 防1.95


【第2回(2009年)】
岩田 稔(阪神) 10勝10敗 防3.28)
内海哲也(巨人) 12勝8敗 防2.73
山口鉄也(巨人) 11勝2敗、2セーブ、23ホールド 防2.32
杉内俊哉(巨人) 10勝8敗 防2.66


【第3回(2013年)】
能見篤史(阪神) 10勝10敗 防2.42
杉内俊哉(巨人) 12勝4敗 防2.04
森福允彦(ソフトバンク) 2勝5敗、17セーブ、24ホールド 防1.39
内海哲也(巨人) 15勝6敗 防1.98
大隣憲司(ソフトバンク) 12勝8敗 防2.03
山口鉄也(巨人) 3勝2敗、5セーブ、44ホールド 防0.84


 このように、WBCの前年に十分な結果を残した左腕が、少なくとも4人は代表入りしている。

 しかし、昨秋のプレミア12のメンバーを見てみると、左腕で代表入りしたのは松井裕樹(楽天)と、大野雄大(中日)の2人のみ。また、今年3月に行われたチャイニーズ・タイペイとの強化試合でも、大野と戸根千明(巨人)のみと、「左腕不足」の色合いが強くなっていることは否めないのだ。

1/2ページ

最終更新:5月12日(木)11時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報