ここから本文です

星野源、「ミュージック・ジャケット大賞2016」大賞を受賞! 「最高に嬉しいです」

RO69(アールオーロック) 5月12日(木)20時15分配信

「ミュージック・ジャケット大賞2016」の受賞作品が発表された。

「ミュージック・ジャケット大賞」は、1年間でもっとも人気のある音楽ジャケットを選び、アーティストとジャケット制作に携わるクリエイターを表彰するもので、今年で6回目の開催となる。

大賞となったのは、星野源のアルバム『YELLOW DANCER』。準大賞は忘れらんねえよの『犬にしてくれ』とDrop'sの『WINDOW』、特別賞は鈴村 健一の『月と太陽のうた』となっている。

大賞を受賞した星野源は以下のようにコメントしている。

---------------------------------
大賞を受賞することができて最高に嬉しいです。楽曲と共に、毎回こだわりながらパッケージを制作してきました。この素晴らしいジャケットを背負えて幸せです。吉田ユニさん、制作チームのみんな、本当にありがとう。そしておめでとう!
---------------------------------

なお、『YELLOW DANCER』は全国のCDショップ店員の投票によって選ばれる「第8回CDショップ大賞2016」の大賞も受賞しており、史上初の2冠達成となった。

また、2016年5月13日(金)~5月22日(日)の間、東京・新宿高島屋で開催されるミュージック・ジャケット展覧会の「Music Jacket Gallery 2016」(入場無料)において、大賞作品の『YELLOW DANCER』を含むミュージック・ジャケット大賞候補作品50作品の展示が行われる。

「第8回CDショップ大賞2016」オフィシャルサイト
https://mja.jpn.com/

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月12日(木)20時15分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。