ここから本文です

PFU、Vプレミアで輝け 550人が昇格を祝福

北國新聞社 5月12日(木)3時32分配信

 女子バレーボールチームPFUブルーキャッツのV・プレミアリーグ昇格祝賀会は11日、ホテル日航金沢で約550人を招待して開かれた。寺廻太監督率いるチームの選手とスタッフが喜びをかみしめ、頂点を目指し今秋開幕の最高峰リーグに挑む決意を新たにした。

 PFUの長谷川清社長は地元の支援に感謝し、「今年以上の喜びを分かち合いたい」とあいさつした。日本協会の木村憲治会長と油野和一郎かほく市長が祝辞を述べ、県協会の木本利夫会長の発声で乾杯した。

 寺廻監督は「現在の実力はプレミア下位。鍛え上げて精進する」と宣言し、坂下麻衣子主将は応援を背に奮闘することを誓った。

 PFUは今季リーグ2位で入れ替え戦に進出し、3月6日にデンソーを倒して昇格を決めた。今月の全日本選抜大会では史上初の4強入りを果たし、躍進の一年となった。新婚旅行でハワイに向かう三橋聡恵選手は「公私とも最高のシーズンになった。祝ってくれた分、頑張らないと」と笑顔だった。

 チームは12日からオフに入り、来月の輪島キャンプで始動する。

北國新聞社

最終更新:5月12日(木)3時32分

北國新聞社