ここから本文です

71社が最新技術紹介 eメッセ金沢、19日開幕

北國新聞社 5月12日(木)3時27分配信

 石川県情報システム工業会は19日から3日間、金沢市の県産業展示館1号館で、eメッセ金沢2016(北國新聞社後援)を開催する。71社・団体が123ブースを出展し、ICT(情報通信技術)の最新コンテンツを紹介する。

 31回目の今回は「気になる! 身になる! ためになる! 未来を変えるICT」をテーマとした。あらゆるモノをインターネットでつなぐIoTに関連した出展が中心で、クラウドサービスを活用した社内管理システムやセキュリティーサービスのほか、多彩な技術、製品を提案する。

 ステージではIoTに関するセミナーを開く。同時開催のMEX金沢と連携し、19日のセミナーの様子を4KモニターでMEX金沢会場に中継する。

 11日、北國新聞社を訪れた宮本研一実行委員長は、北陸新幹線の開業効果で東京、長野をはじめ、関西、四国からも出展があることを紹介し、「最新技術にじかに接して、新たなビジネスパートナーとの出会いにつなげてほしい」と話した。

北國新聞社

最終更新:5月12日(木)3時27分

北國新聞社