ここから本文です

舛添都知事 政治資金不正疑惑(全文2・質疑応答1)ミスは事務所全体の責任

THE PAGE 5月13日(金)19時35分配信 (有料記事)

今回の説明と謝罪で有権者の理解は得られたと思うか

TOKYO MX:まずは幹事社からご質問したいんですが。

舛添:ちょっとお待ちいただけますか、メモを用意します、はいどうぞ。

TOKYO MX:あらためまして幹事社のTOKYO MXテレビ、ミズシマです。今ご説明された政治資金の件なんですが、全体像を精査してからまとめて丁寧に説明したいと繰り返しておられました。その結果、収支報告書の訂正に至るような部分があったという部分が、冒頭に不徳の致すこととおわびするような点があったというふうに、分かりました。政治家として今回のご自身の処遇についてどのようにお考えになってるのかというところと、また有権者からは今回の問題について批判や指摘が多く上がってます。今回の説明と謝罪で有権者への理解は得られたとお考えでしょうか。この2件についてお願いします。

※一部判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:14,079文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5月13日(金)19時35分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。