ここから本文です

リオパラリンピック出場、鹿沼由理恵「ゴールで倒れてもいい。全力で走りたい」

CycleStyle 5月13日(金)19時15分配信

リオデジャネイロパラリンピックの自転車競技代表に鹿沼由理恵(34=楽天ソシオビジネス)とパイロットの田中まい(26=ガールズケイリン)が選出された。「ゴールで倒れてもいい。全力で走りたい」と鹿沼がその決意を語った。

他の写真を見る

視覚障がいの鹿沼はバンクーバー冬季パラリンピック、クロスカントリースキーに続く2回目の出場。2014年のパラサイクリング世界選手権では操舵を担当するパイロット役の田中とともに、ロードタイムトライアルで世界チャンピオンになった。そのためリオパラリンピックでも金メダル獲得の期待がかかる。

「くじけることは多いが、練習を続けて乗り越えてきた。残り4カ月、悔いのないように頑張りたい」

ペアを組んできた田中はガールズケイリン選手。一時は本業であるケイリンに集中するためにパラサイクリングのパイロット役をやめた。しかし鹿沼から、「田中さんとリオで走りたい」という要望を受けてペア復活。5月からはガールズケイリン選手は休業し、大会まではパラリンピックの練習に集中する。

「大きな舞台に挑戦することに感謝の気持ちでいっぱい。頑張る姿を見てもらえたらとてもうれしいです」

リオデジャネイロパラリンピックは9月7日~9月18日にブラジルで開催される。

最終更新:5月13日(金)19時15分

CycleStyle