ここから本文です

高雄市の観光キャラ、地元発のカフェとコラボ 夏の果物をPR/台湾

中央社フォーカス台湾 5月13日(金)13時54分配信

(台北 13日 中央社)南部・高雄市観光局のマスコットキャラクター「高雄熊」(ガオションション)は、高雄発のカフェチェーン「クラウン&ファンシー」(金鉱[口加][口非])とコラボレーションし、台湾各地の店舗で夏の観光をPRしていく。同局の呉明昌副局長と同社の李幼峰総経理(社長)が12日、台北市内で発表した。第一弾として高雄・旗山産バナナを使用し、高雄熊をモチーフにしたチョコレートケーキを発売する。

同市では5月に金鑽パイナップルやキンコウ(金煌)マンゴー、旗山バナナ、玉荷包ライチが収穫最盛期を迎える。観光局は高雄熊を通じ、果物狩りなどを楽しむ観光を重点的にアピールしている。

(江明晏/編集:名切千絵)

最終更新:5月13日(金)13時54分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。