ここから本文です

おバカな浦ちゃんから一転、桐谷健太がイケメンすぎるターザンに!

Movie Walker 5月13日(金)10時31分配信

『ハリー・ポッター』シリーズの監督&スタッフが、新しく生まれ変わった「ターザン」の物語を描く映画『ターザン:REBORN』(7月30日公開)。この度、人気俳優・桐谷健太が主人公・ターザンの日本語吹替え版声優に挑戦することが決定した。

【写真を見る】桐谷健太、人生初の実写作品の声優は意外なターザン役!?

ターザンといえばジャングルを駆けまわる野生児のイメージだが、本作ではすべてを手に入れた英国貴族ジョン、別名“ターザン”が、愛するものを救うためジャングルに戻る…という真逆のオリジナルストーリーが展開。桐谷は、この“英国貴族のイケメンすぎるターザン”で実写作品の声優に初挑戦する。

2015年CM好感度ランキング年間首位に輝く「三太郎」シリーズに、浦ちゃん(浦島太郎)役で出演している桐谷。CMで披露した「海の声」は、楽曲視聴でYouTube、Apple Music、LINE MUSICなどのサブスクリプションサービス合わせトータル4000万回、楽曲配信で70万ダウンロードを突破するなど破竹の勢いを見せ、お茶の間での人気も高まっている。

従来のイメージを一新するキャラクターという点では、浦ちゃんと共通する今回のターザン。オファーを受けた翌日にはすでに快諾していたというヤル気満々の桐谷は、「初の実写声優で、あの誰もが知っているターザンの声をやらせていただけるということで、気合いはもちろん、今から自然をもっと身体にまぶして、実写に負けないワイルドでパワフルなターザンの声を演じたいと思います!」と意気込みをコメントした。

桐谷は持ち前のワイルドな雰囲気、人間味のある人柄、美しく健康的な体を武器に、全身でこの大役に挑む。これまでの常識を覆す新ターザンの誕生に早くも期待が高まる!【Movie Walker】

最終更新:5月13日(金)10時31分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。