ここから本文です

堀江主将はストーマーズ戦ベンチ LOボンドが戦列復帰

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 5月13日(金)8時41分配信

 南半球のトッププレーヤーが集うスーパーラグビーに今季初参戦し、これまで1勝8敗のサンウルブズ(日本)は、14日に準本拠地のシンガポール・ナショナルスタジアムで南アフリカ・グループ首位のストーマーズに再び挑む。
 キャプテンのHO堀江翔太は開幕から9試合連続先発で体を張り続けてきたが、マーク・ハメット ヘッドコーチは疲労を考慮したか、この試合では堀江をベンチに置くことを決めた。代わりに木津武士が2番で初先発となり、ゲームキャプテンはCTB立川理道が務める。
 38歳になったばかりのベテランLO大野均は休養。背番号4を任されたのは、4週間の出場停止処分(4月8日のストーマーズ戦で相手FBに危険なタックルをしたため)が明けたティモシー・ボンドだ。
 9番は日和佐篤が取り戻し、それ以外は先週のフォース戦と同じスターティングメンバーとなった。

五郎丸が2か月ぶりに先発! ハント負傷で再チャンス到来

 サンウルブズがジャガーズ戦に続く2勝目へ向けハングリーな一方、ストーマーズはライバルとの差が詰まっており、彼らにとって初のシンガポール試合は絶対に落とせない戦いとなる。現在6勝3敗(勝点29)で南アグループ首位を走るストーマーズだが、同カンファレンスのブルズ(勝点28)や、アフリカ別組のライオンズ(勝点27)、シャークス(勝点26)とプレーオフ進出枠を争っており、サンウルブズからボーナスポイント付きの勝利を狙っている。
 4月8日にケープタウンでおこなわれたサンウルブズとの第1戦は46-19で大勝したものの、ロビー・フレック暫定ヘッドコーチはミスタックルが30回もあって相手に3トライ奪われたことを気にしており、チーム最大の武器であるディフェンスにもう一度フォーカスさせる。
 南ア代表でもあるLOエベン・エツベスがふくらはぎの負傷でシンガポール遠征には参加しておらず、新星WTBレオリン・ザスが出場停止中で不在だが、FW、BKとも戦力は充実しており、サンウルブズにとってはタフな試合になりそうだ。


<サンウルブズ 試合登録メンバー/第12節 ストーマーズ戦> 

1.三上正貴(東芝)  2.木津武士(神戸製鋼)  3.垣永真之介(サントリー)  4.ティモシー・ボンド(前ベイ・オブ・プレンティ/NZ)  5.ファアティンガ・レマル(宗像サニックス)  6.リアキ・モリ(前ブルーズ/NZ)  7.アンドリュー・ドゥルタロ(アメリカ代表)  8.エドワード・カーク(前レッズ/豪州)  9.日和佐篤(サントリー)  10.トゥシ・ピシ(サモア代表)  11.ジョン・スチュワート(フィジーA代表)  12.立川理道(クボタ)  13.デレック・カーペンター(前トヨタ自動車)  14.山田章仁(パナソニック)  15.リアン・フィルヨーン(NTTドコモ)

〔リザーブ〕
16.堀江翔太(パナソニック)  17.具智元(拓殖大)  18.浅原拓真(東芝)  19.細田佳也(NEC)  20.安藤泰洋(トヨタ自動車)  21.矢富勇毅(ヤマハ発動機)  22.田村優(NEC)  23.パエア ミフィポセチ(NTTドコモ)

最終更新:5月13日(金)8時41分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)