ここから本文です

三菱自が日産傘下、マリノスとレッズはJ規約抵触か Jリーグに見解を聞く

BuzzFeed Japan 5月13日(金)19時24分配信

 日産自動車と三菱自動車は12日、日産傘下で三菱自動車の再建を目指す資本業務提携に基本合意した。

 日産はマリノスの運営会社の株を74.59%を保有、三菱自はレッズの運用会社の株を50.63%保有している筆頭株主だ。今回の合意により1つのオーナーが2つ以上のクラブを支配することを制限するJリーグ規約の第25条に抵触する可能性が出てきた。

 Jリーグ規約には次のように書かれている

<Jリーグ規約 第25条>
(4)Jクラブは、他のJクラブの株式 (公益社団法人または特定非営利活動法人にあっては 社員たる地位 )を保有してはならない。なお、当該他のJクラブの重大な影響下にある と判断される法人の株式(社団法人または特定非営利活動法人にあっては社員たる地位) についても同様とする。

(5)Jクラブは、直接たると間接たるとを問わず、他のJクラブまたは当該他のJクラブの 重大な影響下にある法人の経営を支配しうるだけの株式(社団法人または特定非営利活 動法人にあっては社員たる地位)を保有している者に対し、自クラブまたは自クラブの 重大な影響下にあると判断される法人の経営を支配できるだけの株式(社団法人または 特定非営利活動法人にあっては社員たる地位)を保有させてはならない。

 規約に株式保有率など具体的な数値は書かれていないが、日産が三菱自の筆頭株主となったことでこの規約に抵触する可能性が出てくる。

 レッズとマリノスはともに創設時からJリーグに参加する「オリジナル10」と呼ばれる伝統あるクラブで、リーグ有数のサポーターを抱える。特にレッズは今季リーグで首位に立っている国内最大のビッグクラブだ。

 規約に抵触すると判断された場合、両クラブの合併、またはどちらかのクラブの株式が売却される可能性がある。売却となれば親会社が傘下となったレッズの株式が売却されるのが自然だろう。

 現在クラブの株式を保有する三菱商事、三菱重工などが持ち株の割合を増やし、筆頭株主となれば、「浦和レッドダイヤモンズ」の名前は残ると考えられる。ただし、他企業へ売却となればレッズの名前が消滅するかもしれない。

 Jリーグの村井満チェアマンは12日、サンケイスポーツの取材に「34%の株式取得で関連会社になるが、その場合、規約に抵触するのかどうか、弁護士にも相談しないといけない」と、現状のままでのレッズ存続の可能性にも言及しているが、レッズサポーターにとっては不安は募るばかりだ。

 突然降ってわいた今回の騒動についてJリーグ側はどう捉えているのか。Jリーグ広報部がBuzzFeedの取材に答えた。


ーー今回の件でレッズ、マリノス両クラブから連絡はあったか。

(BuzzFeedから最初に問い合わせがあった)12日の段階ではありませんでした。Jリーグとして両クラブに問い合わせは行ったのですが、クラブ側でも状況を把握はしていませんでした。

ーー三菱自が日産の傘下入りしたことはJリーグ規約に抵触するのか。

株式の保有率など企業同士の支配関係がわからないので、現状では何も言えません。クラブから資本の変更などの話を聞き、そこで判断します。

ーーもし規約に抵触したと判断した場合、Jリーグではどういった対応を取るのか。

仮のお話はできない。クラブから話を聞いた時点で判断します。

ーー抵触した場合、三菱自が別会社に株式を売却、レッズとマリノスの合併などクラブ側にはさまざまな対応の仕方があるが、Jリーグとして望む形はあるのか。
ないです。

ーーレッズ、マリノス両クラブのサポーターから不安の声が上がっている。Jリーグ側にも問い合わせはあったか。

問い合わせはなかったです。クラブのサポーターから心配の声が上がっているのは把握していますが、クラブのほうに問い合わせがいったのではないでしょうか。
ーー株式保有率などの具体的な数値が規約に記載されていないことでサポーターが混乱した面もある。今後規約を変更する可能性はあるか。

今回のケースは大きなクラブ、企業同士の話だが、地方のクラブではみなさん細かく株をもっていて、定量では判断できない面がある。今後はわからないが、現状で変更の考えはありません。

最終更新:5月13日(金)19時24分

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]