ここから本文です

リベルタドーレス杯準々決勝=サンパウロFCホームで先勝=スタンドの柵倒壊でファン20人超負傷の事故も

ニッケイ新聞 5月13日(金)20時55分配信

元ブラジル代表ミシェル・バストスの決勝点も、直後にスタンドの柵が倒れファン20人以上が負傷

 クラブチームサッカー南米大陸王者の座を争うリベルタドーレス杯準々決勝第1戦が11日、サンパウロのモルンビー競技場で行われ、地元のサンパウロFCがミナス州ベロ・オリゾンテ市に本拠を置くアトレチコ・ミネイロを1対0で下したと。

 夜の9時45分と遅い開始にもかかわらず、6万人を超える観衆が集った試合で唯一のゴールが生まれたのは後半34分だ。敵陣左サイドで得たフリーキックに途中出場のバストスがヘッドであわせ、決勝点となった。

 この直後、事件が起きた。一階席にいた観客が喜びの余り最前列に殺到したため、重さで柵が倒れ、20人余りの観客が3メートルの高さから前のめりに転落したのだ。

 少なくとも10人が競技場で手当てを受け、重傷者8人は近隣の病院に搬送された。最も重傷だったのは腕を骨折した男性のケースだった。

 一部の選手たちも救助活動に参加した。サンパウロFCのウェズレイは倒れていた少女を抱えあげ、芝生の上に運んだ。試合は5分ほど中断した後、再開された。

 「怪我はなかったかとても心配だ。落ちた人たちに何もなければ良いが」(サンパウロFC、ロドリゴ・カイオ)、「誰も重傷者が出ないと良いけど」(サンパウロFC、ガンソ)など、選手達は口々に、落ちた観客への配慮を口にした。

最終更新:5月13日(金)20時55分

ニッケイ新聞

スポーツナビ サッカー情報