ここから本文です

ロペスはリオ五輪に出場せずツアーを優先 [男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月13日(金)10時30分配信

 8月5日にブラジル・リオデジャネイロで開幕する「リオデジャネイロ五輪」。フェリシアーノ・ロペス(スペイン)は、五輪には出場しないと話した。
 
 ロペスは23位。彼は自身のTwitterに五輪ではなく、北米で行われるツアー大会の準備に集中すると投稿した。

ナダルがリオデジャネイロ五輪でスペイン選手団の旗手に

 ロペスは五輪の出場圏内にいる選手で、2004年のアテネ五輪と2012年のロンドン五輪には出場していた。両大会ともにメダルの獲得は逃している。

 ロペスは34歳。彼は「この決断をするのは難しかった」とし、ほかのスペイン勢の活躍を期待しつつ五輪の一員になる「忘れがたい体験」を楽しんでほしいとしている。

 2008年の北京大会の金メダリストのラファエル・ナダル(スペイン)は、8月5日の開幕式でスペイン選手団の旗手をつとめることになっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo:MADRID, SPAIN - MAY 02: Feliciano Lopez of Spain celebrates a point against against Leonardo Mayer of Argentina in their first round match during day three of the Mutua Madrid Open tennis tournament at the Caja Magica on May 02, 2016 in Madrid,Spain. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5月13日(金)10時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。