ここから本文です

フェデラーはティームに敗退も「問題ない」と強調 [ローマ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月13日(金)11時34分配信

 イタリア・ローマで開催されている「BNL イタリア国際」(ATP1000/5月8~15日/賞金総額374万8925ユーロ/クレーコート)。

錦織が前週に続いてガスケを破り、2年連続8強入り [BNL イタリア国際]

 木曜日に行われた3回戦で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第13シードで世界ランク15位のドミニク・ティーム(オーストリア)に6-7(2) 4-6で敗れた。

 前週のマドリッドの大会を腰の痛みのために欠場していたフェデラーは、今大会で2試合をプレーできたことがよかったと話している。

「自分がどんなプレーをしていたかは問題ではない。大事なのは、何の問題もなくコートに立てたということ。そして、自分に何ができるかを試せたことだ」とフェデラーは言う。フェデラーは水曜日の初戦ではアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を下していた。

「ここで結果を残せるような状態じゃなかったのは自分でもわかっていた。だから、今回のことを深読みしてほしくないし、自分でもしないつもり」とフェデラーは言い、「ここで結果が出せなかったからといって何の問題が? という話なんだよ。大事なのはこれから先の数ヵ月のことだからね」と続けている。

 全仏オープンまであと10日。しかし、フェデラーは痛みをどうしていくかについて見つける必要がある。

「パリまでもう間がないからね」とフェデラー。彼は今季の初めにも左膝の手術で10週間ほどツアーを離れていた。「今の自分のプレーでは、全仏オープンでもいい結果は残せないと思う。このプレーではいけないとも思う。でも、いずれにせよ、なんとか回復させていく自信はまだ持っているよ」。

 フェデラーは第1セットでは先にブレークに成功した。しかし、ティームもすぐにブレークバックして追いつくと、そのあとはティームのサービスが効果的に決まっていった。ティームは22歳で、現在のトップ20では最年少の選手だ。今年、ラファエル・ナダル(スペイン)に対して勝利した試合に次ぐ、大きな勝利となった。

 フェデラーは数本の弱いバックハンドのリターンを打つと、コートの真ん中で止まってポジションに戻らなかった。ティームががら空きのコートに向かってイージーにウィナーを奪うと、フェデラーはそのままベンチに戻った。今大会はフェデラーがまだ未勝利の、数少ない大会の一つでもある。今大会での彼は昨年を含め、4度の準優勝が最高成績だ。

 一方で、準々決勝ではノバク・ジョコビッチ(セルビア)とナダルが対戦することが決まった。

 ジョコビッチは第1セットこそありえないプレーだったが、0-6 6-3 6-2で37位のトーマス・ベルッチ(ブラジル)を倒した。ナダルはニック・キリオス(オーストラリア)を6-7(3) 6-2 6-4で下しての勝ち上がりだ。

 第1セットのジョコビッチは、2012年のシンシナティの決勝でフェデラーに喫して以来となるベーグル(※獲得ゲーム数0のセットのことを指す)を食らった。

 涼しくなった夜の試合。ジョコビッチは序盤で苦戦した。第1セットはジョコビッチが16本のアンフォーストエラーを記録したのに対して、ベルッチは3本だった。

 第2セットの最初のゲームでようやくサービスをキープしたジョコビッチは、両手を挙げてガッツポーズをつくり、観客たちを楽しませていた。

 また、アンディ・マレー(イギリス)はジェレミー・シャルディ(フランス)を6-0 6-4で退けている。準々決勝の相手は第12シードのダビド・ゴファン(ベルギー)だ。ゴファンは第8シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)をわずか49分、6-0 6-0で下しての勝ち上がりだ。

 ティームと準々決勝を戦うのは第6シードの錦織圭(日清食品)。錦織はリシャール・ガスケ(フランス)を6-1 6-4で下しての勝ち上がりとなっている。

 また、フアン・モナコ(アルゼンチン)は、全仏オープンを制したスタン・ワウリンカ(スイス)を6-7(5) 6-3 6-4で破っている。準々決勝ではラッキールーザーから勝ち上がったルカ・プイユ(フランス)との対戦だ。プイユは第9シードのダビド・フェレール(スペイン)を6-4 6-1で倒してのベスト8となっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo:ROME, ITALY - MAY 12: Roger Federer of Switzerland shakes hands with Dominic Thiem of Austria on Day Five of The Internazionali BNL d'Italia on May 12, 2016 in Rome, Italy. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:5月14日(土)9時47分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]