ここから本文です

浜崎あゆみ、観客によるLIVE写真撮影解禁の全国ツアースタート!特設サイトもオープン

E-TALENTBANK 5月13日(金)17時37分配信

浜崎あゆみが、LIVE中の観客による写真撮影の解禁を発表した。

5/14(土)から7/18(月)まで、全国9カ所17公演で12万人を動員する全国アリーナツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A ~MADE IN JAPAN~』の期間中、来場者はLIVE中のオープニングから3曲目まで、自身のスマートフォンや携帯電話での撮影が可能となる。(動画撮影は全面禁止)

来場者が撮影した写真は、ハッシュタグ#ayu_mijをつけてTwitter投稿することで、ツアー特設サイトで観客が撮影した写真がアップされるサービスとなっている。また、特設サイト内では、あゆが各地のファンと一緒に撮った集合写真を今後随時アップ、さらにツアー開催までの軌跡を追った特別メイキング・ムービーの閲覧ができ、ツアー期間限定のブログも開設されている。

海外では多数のアーティストがLIVE中の写真撮影を可能にしているが、日本国内では、あまり例のない事例の為、意欲的な挑戦と言える。また、6月29日のCD発売に1か月以上先駆け、音楽配信サービスAWAにて全曲独占解禁というこちらも史上類を見ない取り組みが為されている浜崎のニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』は公開から僅か1日で約30万回再生され、AWAのトップソングを独占するなど、話題沸騰となっている。

最終更新:5月13日(金)17時37分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。