ここから本文です

小倉智昭キャスター、ぼうこうがん見つかり1週間休養......早期強調し「深刻に考えてない」

トレンドニュース(GYAO) 5月13日(金)19時29分配信

小倉智昭キャスターが、早期のぼうこうがんが発見されたため、1週間の休養に入ることを発表した。ごく軽い手術であることを強調し、「必ず戻ります」と宣言した。

「スポーツニッポン」は小倉キャスターにぼうこうがんが見つかったと報じていた。5月13日放送の「とくダネ!」冒頭で、小倉キャスターは「今日は小倉の顔色を一生懸命見ている人もいるんじゃないかと思います。『小倉がん、とくダネ!休業』っていうのが出てますが、こんなに元気で休業なんてできないでしょ」と報道をネタに。「番組の最後に詳しく話します」と語った。

そして番組の最後、小倉キャスターは西部プリンスドームで開催されるバラのイベントを紹介したなかで、「この間、1週間は西武ライオンズの試合が西武ドームでないんです。だからこの間に手術をしようかな。なんて冗談が出るほど、私は今回のことは深刻に考えてないんです」と手術について軽く切り出した。

がん休業報道について、小倉キャスターは「誰が一番びっくりしたかって、私」と話す。昨年末から微量な血尿が出ることから診察を受けたら、ぼうこうにがんが見つかったと明かした。とはいっても医者に「よく見つけたね」と驚かれるほど早期のもので、「火曜に手術をしても土曜には出られる」とのこと。小倉キャスターは、がんが重いものではないことを冗談を交えながら何度も強調し、「ちゃんと戻ってまいります。1週間だけお休みさせてもらいます。ごめんなさい!」と笑顔で宣言した。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:5月13日(金)19時29分

トレンドニュース(GYAO)