ここから本文です

フンメルスの加入を喜ぶレヴァンドフスキ「守備陣だけではなく全員を助ける」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月13日(金)17時31分配信

ボアテングと欧州最強のCBコンビを結成か

バイエルンに所属するFWロベルト・レヴァンドフスキは元同僚の加入を心強いと考えているようだ。

先日、バイエルンへの加入が発表されたドルトムントのDFマッツ・フンメルス。同選手とレヴァンドフスキはドルトムント時代のチームメイトで、フンメルスのロングボールをレヴァンドフスキが収めるというのはドルトムントのホットラインであった。当然レヴァンドフスキはフンメルスに対して大きな信頼を置いている。米『ESPN』がコメントを伝えた。

レヴァンドフスキは「世界一のCBの一人がバイエルンに来るのは明らかだ。彼の守備能力については今更話す必要さえないだろう。マッツとジェロームはドイツ代表で互いのことをわかりきっている。フンメルスやボアテングがやってることは多くのDFにはできない。後ろに二人もこういう選手がいるのはFWにとってとても快適だよ。マッツが助けるのは守備陣だけではない、全員だよ」とフンメルスの加入を喜んでいる。

すでにバイエルンにはボアテングという世界屈指の足元の技術を持つCBがいるが、それにフンメルスも加わればまさに鬼に金棒だろう。来季はバイエルンのビルドアップにも注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月13日(金)17時31分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。