ここから本文です

【MLB】ダル、3度目リハビリ登板は最速153キロ 米紙「蜂の群れでスピードガン故障」

Full-Count 5月13日(金)18時34分配信

スピードガンの故障も影響?

 レンジャーズ・ダルビッシュ有の3度目のリハビリ登板となった3Aラウンドロックのオクラホマシティー戦で会場のスピードガンが「蜂の群れ」の影響で故障したと米地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が伝えている。

ダルビッシュ有らの渡米後の成績は? ここ2年でMLBで先発した主な日本人投手の成績比較

 米テキサス州ラウンドロックで行われた一戦でダルビッシュは復帰後最長の4回を投げ、1安打4奪三振2四球で2失点(自責1)という内容だった。

 同紙はこの日のストレートが94~95マイル(約151キロ~約153キロ)を記録したと伝えつつ、ここまでの2登板の97マイル(約156キロ)を下回った要因についてスピードガンの故障の影響に言及。この日は「蜂の群れ」により不調をきたし、精度が落ちる代替機で記録されたことを報じている。

 一方、ダルビッシュは自身のツイッターで「軽く投げて打たせる事をしたいと思っていましたが、最初は軽く投げすぎてしまいバランスを崩してしまいました。が、そのあとしっかりやりたいことは出来たので満足です! 次また頑張ります」と報告している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月13日(金)18時43分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]