ここから本文です

“自分勝手な”ネイマールがマンU移籍に加速? チームメイトとの口論が退団を後押しか

theWORLD(ザ・ワールド) 5月13日(金)18時30分配信

喧嘩が退団に発展する?

“仲良し”なバルセロナにほんの些細な溝が生じ始めている。そしてそれはクラッキの強奪を狙うクラブにとっては、付け入る隙となりうるかもしれない。

今季も序盤から自慢の3トップ“MSN”が躍動したバルサだったが、チャンピオンズリーグの舞台では同国のライバル、アトレティコ・マドリードに準々決勝で敗れ、敗退。昨年に続く欧州2連覇を目標に掲げていた彼らだったが、アトレティコ戦後には選手同士の激しい言い合いもあったようだ。スペイン『as』によると利己的なプレイに走るネイマールに対し、ハビエル・マスチェラーノが憤慨。自分勝手なプレイをやめるように強く非難したという。もちろんチームメイト同士の試合中や試合後におけるコミュニーケーションは激しい口調になりがちだが、この“些細ないざこざ”をチャンスに変えようとしているのがマンチェスター・ユナイテッドだ。同クラブはかねてよりこのブラジル代表ドリブラーの獲得を熱望しており、英『METRO』は今回の騒動がネイマールの退団を後押しすることになると報じている。

これまで何度もネイマール獲得にトライしてきたユナイテッドだが、このわずかな可能性に再び全力を尽くすことになるのだろうか。彼らが必要とする変化は、あきらかにスカッドではないように思えるのだが。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月13日(金)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)