ここから本文です

マンCの新星、週給10倍アップの2300万円を要求か

theWORLD(ザ・ワールド) 5月13日(金)23時30分配信

スターリング基準で

マンチェスター・シティのFWケレチ・イヘアナチョが年俸のアップを要求しているようだ。

今季マンチェスター・シティでトップチームに定着したイヘアナチョ。ここまで34試合で13ゴールを挙げており、確かな存在感を示している。そのため、お金という形でも自身の存在価値を認めてもらいたいと考えているようだ。英『Mirror』が伝えた。

同選手の現在の週給は1万5000ポンド(約230万円)だが、同紙によればイヘアナチョはその10倍となる週給15万ポンド(約2300万円)を要求しているという。19歳のイヘアナチョには破格の金額にも思えるが、それは歳が2つ上のスターリングを基準にしているものだと伝えられており、同選手の週給は18万ポンド(約3300万円)といわれている。それを考えるとイヘアナチョはスターリングよりも出場機会は少ないものの、ゴール数は2多いという結果を残しているため、妥当な金額とも捉えられる。

ピッチで堂々たる振る舞いを見せ、先輩にも多くを要求する姿が見られるイヘアナチョだけに、ピッチ外でも要求することをやめるつもりはないのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月13日(金)23時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。