ここから本文です

『007』シリーズ、トム・ヒドルストンが新生ボンドか メンデス監督とミーティング

クランクイン! 5月13日(金)12時30分配信

 ダニエル・クレイグの発言を受けて、主役交代が噂される英人気スパイ映画『007』シリーズ。3月には映画『マイティ・ソー』シリーズの俳優トム・ヒドルストンが七代目ジェームズ・ボンドに名乗りを上げたと伝えられたが、ここにきてトムがボンドを演じるのではないかという憶測が再び高まっているという。

【関連】映画『007 スペクター』フォトギャラリー


 英Mail Onlineによると、トムがロンドンにある会員制クラブ「Soho House 76 Dean Street」で、2012年の『007 スカイフォール』、2015年の『007 スペクター』でメガホンを取ったサム・メンデス監督と会っていたことが噂の火に油を注いだらしい。

 トムは日本未上陸の海外ドラマ『Night Manager(原題)』でスパイを演じ、ジェームズ・ボンドに必要なセクシーな男気を漂わせていたと評判だったようだ。

 ただし現時点で実際にダニエルがシリーズから降板することが決まっているかは不明。『007』シリーズ次回作のタイトルが『Bond 25(原題)』になることは分かっているが、キャストや監督、脚本は決まっていない。メンデス監督がメガホンを取らない可能性もあり、新ボンドの有力候補としてはトム以外にもイドリス・エルバやダミアン・ルイス、トム・ハーディなどの名前が挙がっている。

最終更新:5月13日(金)12時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。